お金を増やす

禁パチにおすすめの投資法!インデックス投資の始め方を徹底解説

「パチンコをやめて、何か別の方法でお金を稼ぎたい」

そう思って、禁パチを始める人は多いのではないでしょうか?

 

私もその一人でした。

2016年秋。

来る日も来る日もパチンコで負けていた私は「こんなクソみたいなギャンブルやってられんわ!もっといい方法で金を稼いでやる!」と決心しました。

それから、ネットで「お金 稼ぎ方」を調べまり、書店で「マネー本」を買いあさり、株やFX、せどりと一通りの学習をしました。

 

ですが、結局どれもやりませんでした。

その理由は

  • なんだか難しそう
  • 値動きを追ったり手間がかかりそう
  • 負けた時のリスクが大きそう

など、直感的に自分には合っていないなと思ったからです。

 

そんな中で、「今までパチンコしかしてこなかった俺にでもできそう!」と思えたのが「インデックス投資」でした。

 

インデックス投資のメリットをざっと挙げると

  •  小額から始められる。毎月100円からでもOK
  • 初期設定さえすれば、あとは基本放置でOK
  • 長期&分散投資だから、収支がプラスになる可能性が高い(他の投資に比べ)
  • 「オレ投資やっているんだぜ!」と優越感に浸れる

こんな感じです。

要するに禁パチと相性抜群の投資法なんです!

 

ということで、今回はそんな「パチンコをやめてぜひ始めてほしい投資」であるインデックス投資について、特徴やメリット、始め方を徹底解説したいと思います!

 

手間がかからないとはいえ、最初の設定は正直めんどくさい部分もあります。

ですので、初心者でもちゃんと分かるように、ゼロからインデックス投資ができるまで始め方の手順をしっかりと解説していきますね。

 

1時間あったら、ついパチンコをしてしまう人は絶対に使った方がいい!「U-NEXT」が禁パチと相性抜群の理由

■スマホ1つでいつでも動画視聴
■すき間時間を埋める最強のお供
■パチよりはまる海外ドラマ、アニメがずらり

U-NEXTなら実質1日70円で楽しみながら禁パチが可能!今なら、初回31日間無料キャンペーンも実施中です。

 

パチンコやめる方法!元依存症が手順を0から全て解説」は、「禁パチを絶対に成功させたい」人に向けて私の経験と全ノウハウを詰めた記事です。

パチンコをやめる4つの方法!10年間の依存症を治したやり方教えます。「なんで俺はまたパチンコへ行ったんだ。本気でパチンコをやめたいのに…もう死にたい、消えたい、いなくなりたい」 パチンコをや...

 

インデックス投資とは?

最初に、インデックス投資とはどのような投資なのか簡単に説明します。

 

「インデックス」とは、市場平均を表す指標のことです。

ニュースで「日経平均株価」「TOPIX(トピックス)」「ダウ平均」などの言葉を聞いたことがありませんか?

これらがインデックス(指標)と言われるものです。

 

ちなみに代表的なインデックスとして

日経平均:日本国内株式の東証1部上場の中の225銘柄の平均
TOPIX:日本国内株式の東証1部上場の全銘柄の平均
ダウ平均:米国株式の代表30銘柄の平均
S&P500:米国株式の500銘柄の平均

なんかがあります。

 

インデックス投資とは、これらの市場平均に連動した運用益を目指す投資方法です。

具体的には、インデックスファンドと呼ばれる投資信託を購入することで、利益を得ようという事です。

 

例えば、日経平均ならニッセイ日経平均インデックスファンド、TOPIXならeMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) みたいに、各インデックスに応じてファンドがありますのでそれらを購入することになります。

市場に連動するわけですから、「日経平均株価が上がれば、ニッセイ日経平均インデックスファンドを保有している人の利益になる」となるわけです。

 

と一通り説明しましたけど、最初は理解できなくても大丈夫です!

「インデックス投資は日経平均に投資するのかー」ぐらいに、なんとなく分かってもらえればOKです。

 

インデックス投資のメリット

インデックス投資の大きなメリットは次の3つです。

 

  • 究極の分散投資である
  • 小額から始められる
  • 手間がかからない

 

順に説明していきますね。

 

【メリット①】究極の分散投資

インデックス投資とは市場に連動した投資法であると先ほどお伝えしましたよね。

では、市場と連動させることによって、いったいどんな利点があるのでしょうか?

それは「究極の分散投資」になる、ということです。

 

例えば、TOPIXのインデックスファンドを買うだけで日本国内の1部上場全体に投資をすることになります。

さらに、米国企業のインデックスファンドも購入すれば、日米のトップ企業に投資していることになりますよね。

さらにさらに、全世界を対象にしたインデックスファンドなんかもあり、これを購入すれば世界経済に投資していることになります。

 

分散投資の一番のメリットは、リスクを下げられることです。

ある企業や地域の時価が下がったとしても、他の企業や国が時価が上がっていれば結果的に収支はマイナスにならないよ、ということです。

 

反対に、個別の株の場合はどうでしょう。

持ち株がマイナスになれば、当然ながら全体的な収支もマイナスになります。

 

パチンコで言えば「分散投資」は「ノリ打ち」みたいなものです。

「誰かが頑張って連荘させてプラスにしよう!」みたいな考えですね。

しかも、打つ台は千円10回転みたいなクソ台ではありません。

全員がボーダー以上で期待収支はプラスの台を打っているようなもんです。

というのは、世界の経済は右肩上がりに成長を続けているからです。

 

全世界時価総額は1980年に2.5兆ドルでしたが、2017年には79兆ドルとなんと30倍以上も増えています。

「でも、バブル崩壊とかリーマンショックとかあったし世界恐慌がいつ起きても不思議じゃないよ…」と思われるかもしれません。

確かに数年単位でみれば、経済全体が下がるときはあります。

それでも、10年以上の単位でみれば経済は右肩上がりになることは歴史が証明しています。

ぶっちゃけ、バブル崩壊もリーマンショックも今や「そんなんあったな」ぐらいじゃないですか。

 

パチンコでもボーダープラス5の神台を打ったって負ける時はありますよね。

でも、1か月、1年と長い周期で見れば期待値以上の台を打ち続けていれば収支はプラスになりますよね。

インデックス投資は、長期的視点と分散投資でリスクを極限まで下げながら利益を得ようという投資なんです。

 

【メリット②】小額から始められる

正直、投資って怖いイメージがありませんか?

「株で何百万も溶かした…」みたいな話を聞くと、お金を持っている人がやるものって思いますもんね。

 

実際、個別の株式投資はお金がかかります。

例えば、任天堂の株を買おうとしたら最低409万5千円(1単元=100株、2019年7月現在)必要です。

最低400万必要って、こんなのどう考えても庶民には無理ですよね。

 

一方のインデックス投資はというと、100円からできます。

逆に安すぎるだろとは思いますが、それだけ敷居が低い初心者向けの投資だということです。

 

後で具体的に説明しますが、インデックス投資の基本は一括購入ではなく毎月積み立てになります。

仮に毎月3000円積み立てても、1年間で3万6千円ですからね。

これだったらパチンコで負けてお金がない状況でも始められそうじゃないですか?

 

もちろん、積立額はいつでも変更可能です。

私の場合

とりあえず毎月3千円からスタート

→勉強して知識が増えたから毎月3万円にアップ

→大きな出費が続いたから毎月3千円に戻す

、みたいにその時々の懐事情により結構変更しています。

ですからとりあえず100円でもいいのでとりあえず始めることが大事です。

 

【メリット③】手間がかからない

インデックス投資は別名「ほったらかし投資」とも言われています。

「購入額(投資額)」と「購入ファンド」さえ設定してしまえば、あとはほったらかしにしておけば資産が勝手に増えていくからです。

 

例えば株とかFXだと「ほったらかし」とはいきません。

値動きやチャートをみて、売買やトレードをする必要があります。

でっかいパソコン3台並べてカチカチやる、みたいな世界ですね。

 

一方のインデックス投資は、初期設定したあとは投資のことなんか忘れて好きに時間を使っていれば大丈夫です。

実はこの「投資のことなんか忘れていい」というのが、パチンコ依存症にぴったりなんですよね。

 

というのも、インデックス投資には「成果で一喜一憂する」みたいなときがないんですね。

「今日は勝った!」という喜びこそありませんが、「また、負けたよ…」という絶望を味わわなくていんです。

 

人間は損失が大嫌いな生き物です。

パチンコで負けた時って、マジで死にたくなりますもんね

>>>パチンコをすると自己嫌悪になる理由と解決策を紹介!

 

インデックス投資は、投資初心者でも簡単に始められる&投資成果の一喜一憂しなくていい、という点でも禁パチと相性のいい投資です。

 

インデックス投資の始め方

それでは、いよいよインデックス投資の始め方を説明します。

 

最初にざっくりと流れを解説すると

  1. ネットで証券口座を開く
  2. 投資信託(インデックスファンド)を選ぶ
  3. 毎月の積立額を設定する

という順番になります。

 

ちなみに、「インデックス投資」に関する書籍は多く出回っていますが、どの本も始め方は上記の流れで一緒です。

では何が違うのかというと、「どの投資信託を買うべきか」と「いくら投資するべきか」の2点です。

 

ここで大半の人が「そうなら色々な本を読み比べて、勉強してから始めようかな」と思うかもしれません。

ですが、正直それは必要ありません。

ぶっちゃけ、勉強だけしても意味がないからです。

結局、やってみないことには分からないからです。

ですから、情報収集はそこそこにとりあえずやりましょう。

「何を買うか」、「どれぐらい投資するか」なんてものは後でいくらでも変更できますので、まずは始めることが大切です。

 

ということで、今回は

・初心者でも簡単にできる

・めちゃくちゃシンプルで具体的

な方法を一つご紹介します。

 

結論からいうと、

「月々3000円を全世界株式インデックスファンドに積み立てる」

という方法です。

これは「貯金感覚でできる3000円投資生活デラックス」で紹介されている投資法です。

 


ちなみに、私がインデックス投資を始めるきっかけになったのが、この本の前身の「はじめての人のための3000円投資生活」でした。

 

色々な「インデックス本」を読み漁った結果、この本の方法が初心者には一番わかりやすいと思うので、今回はその方法を解説します。

 

①ネット証券で口座を開く

インデックス投資をするには、ネット証券で口座を開設する必要があります。

 

「証券口座をつくるって、なんだか難しそう…」

「調べたら、たくさん出てきたけどどれがいいんだろう…」

と、不安がる人もいると思いますので、なるべく具体的に解説していきますね!

 

で、早速結論から言うと証券会社は「SBI証券」を選んでください。

 

貯金感覚でできる3000円投資生活デラックス」では

・楽天証券

・SBI証券

のいずれかを選びましょう、と書いてあります。

 

「口座開設申し込み」ページから、手続きにしたがって必要事項を入力してください。

本人確認書類の提出とか多少めんどくさいですが、頭を使って考えることは何もないので、とにかく一つ一つクリアしてください。

 

その上で注意点が一つあります。

それは、口座の種類を

・特定口座

・源泉徴収なし

に選ぶことです。

 

口座は「一般口座」と「特定口座」の2種類あります。

「一般口座」だと確定申告に必要な書類などを自分で作成する必要がありますが、「特定口座」だと証券会社がやってくれるので無難にこちらを選びましょう。

 

さらに特定口座は「源泉徴収あり」「源泉徴収なし」のどちらかを選ぶ必要があります。

「源泉徴収あり」は証券会社が税金を納めてくれ、「源泉徴収なし」だと自分で確定申告をしなければいけません。

それだったら「あり」の方がよさそうですが、一つ難点があります。

それは、余計な税金を取られるという点です。

 

投資は年間20万以上の利益を出すと、税金を納めることになっています。

つまりは、年間20万未満であれば税金を払う必要はありません。

ところが「源泉徴収あり」だと、利益が発生した時点で税金が自動的に徴収されてしまうのです。

 

インデックス投資であれば、初心者が年20万円以上の利益を出すのは何年も先になります。

ですので、余計な税金を取られないためにも「源泉徴収なし」にしておくのがおススメです。

 

最後に「NISA」や「つみたてNISA」の口座を使うこともですが、とりあえず最初はここらへんは無視してください!

おいおい勉強して、投資に興味を持ってきたら使えば間に合いますので、まずは「特定口座」で投資信託を買いましょう。

 

②投資信託を選ぶ

証券口座が開設されたら、いよいよ投資信託選びです。

ですが、最初にお伝えしたように積み立てる投資信託は全世界株式インデックスファンド一択でOKです。

一言いえば「超低コストで全世界に分散投資できる」商品になります。

 

 

この投資信託を一本持つだけで、なんと全世界の主要企業に投資していることになります。

多くのインデックスファンド投資家たちが保有している商品であり、ゼロから始める初心者がとりあえず持っておいて損はない商品です。

 

 

それでは設定の詳細を説明します。

注文方法は「積立注文」を選びます。

注文ページへ進んだら

  • 積立指定日…いつでもOK。こだわりがないなら給料日の2~3日後。
  • 積立金額…3000円
  • 分配金…再投資型
  • 口座…特定

の順に入力していきます。

 

最後に目論見書を確認して、設定完了です!

 

これだけで、あなたはこれから全世界に投資していることになります。

すごい世の中ですよね。

 

インデックス投資を始めた後は

インデックス投資の設定が完了した後は何をすればいいのでしょうか?

答えは「何もしなくていい」です。

毎月勝手に決まった額の投資信託を買ってくれるので、本当に何もすることがありません。

 

とはいえ、投資を始めるとやっぱり「投資のことについてもう少し知りたい!」と思う人もいるでしょう。

そういう人は、ぜひ「インデックス本」を読んで勉強してみてはどうでしょうか。

 

とりあえず私がおススメするのは、この2冊です。



 

どちらも初心者向けに丁寧に書かれているので、おススメです!

 

それでは、最後に最強の投資家ウォーレン・バフェットの言葉を送ります。

「インデックスファンドに投資すれば、同時に投資を始めた90%の人よりも良い結果を得るだろう」

あなたもぜひこの機会に、インデックス投資ライフを始めてみませんか?

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です