禁パチの方法

「パチンコに行きたくない」のに、ついパチンコをする人の特徴や防ぐ方法

「お金が減るだけだし、もうパチンコに行きたくない!」

そう思っているのに、吸い寄せられるように今日もパチンコを打ってしまった…

このように「パチンコに行きたくないのに、ついパチンコをしてしまう」という人は案外多いのではないのでしょうか?

 

なぜ、このような状況になってしまうのでしょうか?

その理由は「行きたくないと思うだけ」ではパチンコはやめられないからです。

「本気でもうパチンコに行きたくない」というのであれば、しっかりとした対策が必要です。

具体的には

  • ついパチンコを打ってしまう芽をあらかじめつぶす
  • パチンコ以外でお金を稼ぐ方法を身に付ける
  • パチンコよりも楽しい趣味を見つける

ことをすれば、パチンコへ再び行くことはなくなります。

 

これは10年間パチンコをやめる・やめられないを繰り返してきた私が禁パチに成功した方法でもあります。

ということで今回は、「パチンコに行きたくない」はずが、ついパチンコへ行ってしまう人はどうすればいいのかを教えます。

 

この記事を読めば

  • パチンコに行きたくないのに、ついパチンコをしてしまう人の特徴
  • 二度とパチンコへ行かないためにするべきこと
  • パチンコをやめてするべきこと

などが分かります。

パチンコに振り回されず、ストレスなく本当にやるべきことに時間を使った方が時間は100倍素晴らしいものになります。

そのためのヒントになると思うので、ぜひ読んでださい!

 

「パチンコで3万負けた人」に朗報です!

「セルフバック(自己アフィリエイト)」で臨時収入5万円をゲットしませんか?

■30分あればできる簡単作業

■5万は余裕。コツをつかめば10万も

■知識は不要。スマホがあればOK

はっきり言って、やらないと損レベル。詳細はこちらの記事を読んでください。

 

 

 

パチンコへ行きたくないのに、ついパチンコをしてしまう人の特徴

あなたはどんな時に「パチンコへ行きたくないな…」と思いますか?

おそらく大半の人がパチンコで大負けした時ではないでしょうか?

 

  • 1週間で22万負けて精神がボロボロ
  • 生活費までつぎ込んだが、全部吸われた
  • 5万消えた…欲しかった服買えたのに…

パチンコで大負けすると「もうパチンコなんか行きたくない」となりますよね。

私は単発、2連、スルーをひたすら繰り返し2週間で冬のボーナス全部溶かしたことがありますが、この時は「もうパチンコなんか二度とするか!」とブチ切れていました。

 

とはいえ、「『もうやめる!』と言って辞められるほどパチンコは甘くない」です。

95%以上の人間は再びパチンコを打つことになるでしょう。

 

なぜ「パチンコへ行きたくないのに、またパチンコを打ってしまう」のでしょうか?

それは、「パチンコをやめるための対策をしていない」からです。

  • 「もう絶対にやめる!」ととりあえず叫ぶ
  • ストレス発散のため酒を飲む
  • 演者が負けている実践動画を見て憂さ晴らし

負けた日は↑のようなことをして終わりという人も多いでしょう。

ですがこれでは、あなたの行動パターンが変わるわけありません

翌日も「今日は今日や」とかいって再びパチンコを打って終わりです。

「もう二度とパチンコへ行かない」と本気で覚悟したのであれば、これから紹介する方法をぜひ試してみて下さい。

 

 

パチンコをやめるための対策!「つい打ってしまう」を防ぐ方法

それでは、具体的にパチンコをやめるための対策についてご紹介します。

その方法とは「if-then プランニング」です。

 

「if-then プランニング」とは、最強の習慣化法です。

このテクニックをマスターすれば、「あなたが本当に送りたい毎日を送ること」も夢ではありません。

ひとまずここでは「パチンコへ行かないための習慣を身に付ける方法」として消化します。

 

if-then プランニングを簡単に説明すると、「〇〇の状況になったら、〇〇する」ということを前もって決めておくことで習慣化を身に付けるテクニックになります。

 

if-then プランニングの一例
  • 仕事が終わったら(if)、30分間ジムに行って運動する(then)
  • 午後6時になったら(if)、タイムカードを押して退社する(then)
  • 夜歯磨きを終えたら(if)、ソファーに座って本を手に取る(then)

 

これを「パチンコに行かない習慣づくり」に応用するにはどうすればいいのでしょうか。

2ステップあります。

  1. ついパチンコを打ってしまう場面を全部挙げる
  2. その場面で取るべきパチンコ以外の行動を決める

 

まずは最初にやるべきことは、「あなたがついパチンコを打ってしまう」シチュエーションを挙げることです。

  • 仕事が予想以上に早く終わった時
  • 給料日にお金が手に入った時
  • 彼女と喧嘩してイライラした時

など、思いつく限りを挙げましょう。

なるべく時間や場所などできるだけ具体的に挙げることがポイントです。

 

次にやることは「パチンコを打ってしまう場面になった時に取るべき行動」を決めておくことです。

例えば

仕事が予想以上に早く終わった時、つい2時間ほどパチンコをしたくなる

仕事が早く終わった時は喫茶店〇〇に入って、スマホで好きなドラマを見る

みたいな感じで、パチンコの代わりの行動を具体的に決めておきましょう。

ポイントは「具体性」と「苦じゃない」ことです。

 

上の例で言うと、「喫茶店にいく」では具体性が足りません。

「喫茶店の場所」や「喫茶店にいってスマホでドラマを見る」とここまで具体的に設定しておくだけで、その行動をとるかとらないかがかなり変わってきます。

 

ただ決めるのではなく、事前に「いつ」「何を」をやるかを、はっきり決めておくーこれで実行できる確率は2倍から3倍も高くなります。

(「やり抜く人の9つの習慣~コロンビア大学の成功の科学~」より引用)

 

 

もうひとつ「その行動が苦じゃない」こともポイントです。

パチンコ依存症の人はとにかく「つらい」ことが大嫌いです。

たとえそのつらい事が必要な事だとしても、「それぐらいならパチンコしよう」と現実逃避を選ぶ人たちです。

ですから、パチンコの代わりに取る行動は「好きな事」や「メリットが大きい事」など、自分がその場面になった時に避けない行動を設定しておくことが大切です。

 

これらの方法は「やり抜く人の9つの習慣~コロンビア大学の成功の科学~」という本を参考に、私の経験もプラスしたやり方になります。

 

本書を読めば、「いい人生を送るための習慣化の方法」を学ぶことができます。

禁パチの成功確率を上げたい!という人はぜひ読んで見ることをオススメします。

 

\最初の1冊は無料で使える「オーディブル」!聞き読書を試してみませんか/

「やり抜く人の9つの習慣」をオーディブルで聴く

 

パチンコへ行かなくなった私が手に入れたもの

私は大学を卒業してから10年間パチンコをやめれなかったパチンコ依存症でした。

そんな私でも、「if-thenプランニング」を使ってパチンコをやめることができました。

そして、パチンコ依存症の時にはなかった大切なのを手に入れることができました。

具体的には

  • お金の増やし方
  • パチンコより楽しい時間

です。

私は、if-thenプランニングを使って「ついパチンコへ行ってしまう時」に「お金の増やし方を勉強」したり「新しい趣味」をしたりする時間を確保することに成功しました。

 

お金の勉強とは、ざっくりいうと「副業」と「資産運用」です。

「すぐにお金持ちになれる!」という話ではありません。

ですが「このお金が無くなったらどうしよう…」と毎日おびえていたパチンコ時代とは代わり、「このまま頑張れば3年後にお金が2倍に増えている可能性高いぞ!」とワクワクしながら過ごすことができています。

 

 

「新しい趣味」も確実に私の人生を充実させてくれています。

私の場合は主に「筋トレ」と「ブログ」です。

パチンコで10万勝ちしても得られなかった満足感や達成感を得られています。

 

このようにパチンコをやめたおかげで、負けてイライラして罪悪感でメンタルがボロボロになるだけの人生から卒業することができました。

 

行きたくないパチンコに時間を奪われる人生から卒業しよう!

パチンコ依存症は、ほんとにほんとにほんとに辛いです。

パチンコへ行きたくないのに、また打って3万負け…もう嫌だ、こんな人生終わりにしたい…

私自身、こんな感じでリアルに死を考えたことが一度や二度ではありません。

 

ギャンブル依存症は病気と言われますね。

でも病気は病気でもただの風邪じゃないんです。

手術が必要なぐらいの重病なんです。

「これから先の人生全部懸けて治していく」

それぐらいの覚悟が必要です。

 

つらいです。心がポキッと折れる時もあります。

でも、本気でパチンコ依存症と向き合い、乗り越えた先にはあなたが待ち望んでいた充実した人生がきちんと待ってくれています。

 

「いつかやめられるだろう」では絶対に120%パチンコから離れることはできません。

本気で辞めたいなら、今日からです。

この記事をここまで読んでくださったあなたなら必ずパチンコをやめることができます。

この記事でお伝えした「パチンコに行かないための習慣づくり」をぜひ挑戦してみてください。

 

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です