お金を増やす

パチンコをやめる理由は「お金」です。貯め方や増やし方を解説!

パチンカー
パチンカー
このままだとお金が減る一方だな…もうパチンコやめようかな…

 

パチンコをやめる理由で一番多いのは「お金」でしょう。

  • パチンコでこれ以上お金を失いたくない
  • お金を貯める必要があるのに、パチンコにお金を使っている場合じゃない!

と思っている人は、少なくないでしょう。

 

ということで今回は、「お金」を理由にパチンコをやめる人がやるべきことについて、解説していきます!

 

1時間あったら、ついパチンコをしてしまう人は絶対に使った方がいい!「U-NEXT」が禁パチと相性抜群の理由

■スマホ1つでいつでも動画視聴
■すき間時間を埋める最強のお供
■パチよりはまる海外ドラマ、アニメがずらり

U-NEXTなら実質1日70円で楽しみながら禁パチが可能!今なら、初回31日間無料キャンペーンも実施中です。

 

パチンコやめる方法!元依存症が手順を0から全て解説」は、「禁パチを絶対に成功させたい」人に向けて私の経験と全ノウハウを詰めた記事です。

パチンコをやめる4つの方法!10年間の依存症を治したやり方教えます。「なんで俺はまたパチンコへ行ったんだ。本気でパチンコをやめたいのに…もう死にたい、消えたい、いなくなりたい」 パチンコをや...

 

「お金」が理由でパチンコをやめる人の特徴

「お金」が理由でパチンコをやめたいと思っている人は、大きく次の4タイプに分かれます。

 

  1. 借金をしている人
  2. ライフイベント(結婚、旅行など)に向け、貯金をしたい人
  3. 損をしたくな人
  4. パチンコで稼げなくなった人

順番に解説します!

 

借金をしている人

借金をしている人は当然、「パチンコはやめた方がいい」と考えるでしょう。

 

ところで「借金をしてまで、ギャンブルをする」と聞くと消費者金融で何百万も借りるみたいなイメージありませんか?

しかし実際は、友だちや家族から数十万円借りているって人の方が多いでしょう。

 

この人たちの問題点は、借金という感覚が欠落していることです。

当たり前ですが、友だちから借りても借金は借金です。

 

知人からの借金こそ一刻も早く返すべきです。

私は大学時代パチンコをやらない友だちに、何度も金を貸してほしいと頼みました。

 

「1万でいいから、おねがい!どうしても今月生活できないんだよ」。

そういって得たお金をパチンコで使った時もあります。ほんと、クズですよね。

こんなことを繰り返していたせいで、高校まで仲が良かった友だちとの縁は大学1年時に簡単に切れてしまいました。

 

ライフイベントに向け、貯金をしたい人

そろそろ貯金をしたいからパチンコをやめる、という人も多いでしょう。

 

パチンコをしながらお金を貯めたという人は、私の周りで一人もいません。

貯金って長期戦じゃないですか。

一方のギャンブルは短期戦です。

一日単位で見れば勝つときもありますが、期間が長引くほど負ける確率は高くなります。

 

ですから、貯金とパチンコは相性が最悪です。

結婚式や海外旅行など、大事な予定があってお金を貯めなければいけない人は一刻も早くパチンコをやめるべきです。

シンプルに損をしたくな人

パチンコはどう考えても損することの方が多いですからね。

「これ以上パチンコで負けるのはもう嫌だ!」と、パチンコをやめるという人もそりゃいるでしょう。

 

「人間は得よりも、損を嫌う」という言葉を皆さんも聞いたことあるのではないでしょうか?

これは有名な「損失回避性」といわれる人間の習性です。

 

パチンコでもよくありますよね。

純粋な5万勝ちよりも、5万負けから6万取り戻して結果1万勝ちのほうが嬉しい、みたいな。

 

そう感じている時点で、もう正常じゃないですよね。

今までのパチンコ人生を振り返ってみてください。

俺はパチンコで得している!(勝っている)と声を大にして言えますか?

 

言える人は結構です。どうぞ続けて下さい。

ですが、「ああ、絶対損しているなー」という人は悪いことは言いませんから、素直にパチンコをやめてはどうでしょう。

 

パチンコで稼げなくなった人

パチンコもベテランの域になると、楽しむためよりもお金を手に入れるために打ちますよね。

当時の私はまさにお金のためにパチンコしていました。

ですので、「ボーダー以下の面白い台」と「ボーダー以上のクソ面白くない台」があったら、迷わず後者を選んでいましたね。

 

しかし、ご存知の通り、「規制」が入ってからは、パチンコのボーダーは一気に辛くなりました。

ボーダーを冷静に見比べると、一昔前より5、6回とか違いますからね。

 

はっきり言って、もうパチンコで稼ぐのは厳しいでしょうね、

「たまに勝つ」ことはあっても「パチンコで定期的な収入を得る」のは、もう無理です。

 

パチンコをやめてするべきこと

では、「お金」が理由でパチンコをやめる人は何をすればいいのでしょうか?

 

  1. これからお金をどうしたいか明確にする
  2. 「貯める」「増やす」「稼ぐ」ための行動を始める

の2点をすることが重要になります。

 

①お金をどうしたいか明確にする

要するにお金の目標ですね。

 

例をざっと挙げます。

  • 友だちの借金20万を半年かけてかえす
  • 来年の結婚式までに80万貯金する
  • 20年間で老後資金の1000万確保したい
  • 毎月3万円稼ぎたい

こんな感じで、自分がやめる理由に合わせて、お金をどういう状態にするのか明確にしましょう。

 

人間は弱い生き物ですからね。

「100万円貯金するぞー」みたいな、あいまいな目標を立てたところで、「あの服欲しいな…今月は使ってもいいか!」とすぐに自分を甘やかしてしまいます。

 

ですが、「いつまでに」「お金をどうするのか」といった具体的な目標があると、お金に対する意識も自然と引き締まります。

 

こればっかりは個人個人の目標になります。

額や時期など具体的に書けば書くほど、目標に対するモチベーションも高まりますので、ぜひ真剣に考えてみて下さい。

 

②「貯める」「増やす」「稼ぐ」ための行動をする

お金を得るための行動は、大きく3つあります。

それが「貯める」「増やす」「稼ぐ」です。

 

「私は貯金が得意!」「俺の給料はまあまあ良い方だよ」。

こういう人でも、残りの2つがおろそかだとお金持ちにはなれません。

「貯める」「増やす」「稼ぐ」をバランスよく実行して初めて、自分の周りに満足できるお金がある状態になることができます。

 

とはいえ、いきなり3つを実行するのは無理です。

まずは、先ほど設定した「お金の目標」に合わせて、3つの中から最も必要な行動を始めましょう。

 

借金やライフプランを控えている人は、貯金ですね。

こちらの動画では、貯金のコツを具体的に解説しているので、一度覗いてみることをオススメします!

 

敬遠しがちですが、お金を「増やす」つまり資産運用もめちゃくちゃ大事です。

「なんだか難しそう…」と思うかもしれませんが、食わず嫌いしているだけです。

本一冊読めば、大枠は簡単に理解することができます。

 

正直、資産運用せず銀行で預金だけしているような人は、「ただ同然で手に入るお金を要らないと言っている」ようなもんです。

早ければ早く始めるほどお得ですので、20、30代でやっていない人は今すぐにでも始めてほしいです。

 

「そんなこと考えたこともなかった!」という人は、とりあえず「お金をとことん増やしたい人のための「資産運用」超入門」を読みましょう。

これ1冊を読めば「資産運用」について具体的なところまで理解でき、お金を稼ぐことの関心がかなり高まるはずです。

 

ちなみに、この本はAmazonのオーディオブック「Audible (オーディブル)」を使えば「聴き読書」ができます。

通勤時間などの、すき間時間に本を聴きたい!」という人はおススメです。

最初の1冊は無料で利用できるので、試してみて下さい。

 

オーディブルの無料体験はこちらから

 

こちらの記事では、初心者でも簡単にできる資産運用である「インデックス投資」について、解説しています。

ぜひ読んでください!

禁パチにおすすめの投資法!インデックス投資の始め方を徹底解説「パチンコをやめて、何か別の方法でお金を稼ぎたい」 そう思って、禁パチを始める人は多いのではないでしょうか? 私もそ...

 

 

パチンコをやめて今すぐ行動を!

以上、お金が理由でパチンコをやめる人がやるべき行動になります。

 

言うまでも、ありませんがパチンコを完璧にやめることが最優先事項です。

パチンコからきれいさっぱり足を洗ったうえで、自分の目標に合わせて「貯める」「増やす」「稼ぐ」の行動をしましょう。

「やめたいけど、またスリップしてしまいそうだな…」という人は、こちらの記事で「パチンコを完璧にやめる方法」を分かりやすく紹介しています!

ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

パチンコをやめる4つの方法!10年間の依存症を治したやり方教えます。「なんで俺はまたパチンコへ行ったんだ。本気でパチンコをやめたいのに…もう死にたい、消えたい、いなくなりたい」 パチンコをや...

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です